海外転勤妻が海外生活を楽しむコツ

こんにちは、海外生活16年のPoesje(ぷーしぇ)です。

10月半ば。私の住むオランダはまだ夏時間が終わっていないのもあって、朝が暗い!朝8時でやっと空が明るんでくるので、起床時の7時頃には真っ暗・・。やっと明るくなったといってもヨーロッパの空は曇っていることが多く気持ちも晴れない日が続いてしまいます。オランダのみならず、北欧なんてことさらに冬の暗さには悩まされているのではないでしょうか。

ご主人様の転勤の帯同などで来られている方などは、自分の意思でもない上に、やることもなく、天気も悪い、寒い・・と、冬は特に気分が落ち込みがちです。私自身、駐在経験もありませんし、自らの意思で来ているので全く正反対ですが、それでも冬は気持ちも暗くなってしまうものです。

仕事柄、今まで多くの駐在員妻を見てきましたが、せっかくのオランダ生活を楽しんじゃっている奥様と、『日本へ帰りたい!』が口癖になってしまっている奥様といます。せっかくのオランダ生活、楽しめるなら楽しんだもん勝ちですよね。

そんな転勤暮らしに不安や不満を抱えている奥様へ、ぜひ、この記事を参考に楽しく過ごせる方法を見つけてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

海外生活、やっぱり楽しむべきは食でしょう!

みんながみんなグルメなわけではないのは承知の上です。実際、私もグルメとはかけ離れています。

グルメなら・・

ワイン・ビール・チーズ・バター・・その国でしか食べられない、その国だから安く美味しく食べられる、そんなものがあると楽しみの一つになりますよね。ヨーロッパの場合は陸続きで車で数時間で隣国へ、なんて当たり前です。週末にご家族と一緒に美味しいものを探して少し遠出なんてもの良いでしょう。

グルメじゃないし・・

洋食より和食派・・。日本なら美味しいものが手軽に食べられたのに!!(涙)そんなあなたに挑戦してほしいのは、再現レシピです!

例えば、日本にいたら絶対作らない肉まん!結構簡単に作れちゃうんですよ〜。しかも美味しい!最近ではこんな風にyoutube動画もたくさんあって手軽に挑戦できちゃいますよ。

ちなみに、私は・・パン、納豆、生地からピザ、手作りさつま揚げでおでん、などなど、暇になると挑戦してみたりしています。

旅行・お出かけ

旅行好きならもうとっくに海外生活楽しめてるよ・・。っと思いますよね。かく言う私も、旅行は好きではありません。

別に歴史的建造物や美術館好きでなくても楽しめるスポットはあります。ディズニーランドなどの遊園地やアウトレットモール、国によっては温泉やスパなど。『国名+アウトレット』などで調べると多くの場合、先人たちのブログにたどり着きますので参考にプランを立ててみても良いと思います。

夏休みのお出かけなら、スペインの離島に・・なんてそんなセレブなことも安くできちゃいます。少し遠出のお出かけ情報も調べてみると夢が広がるのではないでしょうか。

趣味や勉強

平日やることなさすぎで鬱々としている方には、やっぱりその時間を使って趣味や勉強にあてることをおすすめします。

いざ、日本に帰った時の生活を思い返してください。日本だと1日24時間じゃ足らないくらいに忙しい生活ではありませんか?そう考えたら、今のゆったりとして時間を日本に帰ったらできないことに費やさない手はありませんよ!

オンラインを活用!自宅でできること

インターネットを使って資格取得の勉強、この際、語学の勉強をオンラインでしてもいい、特技によってはオンラインで仕事をすることだって可能です。読書が趣味の方もebookを活用すれば日本の本も読めます。『でも、PCは苦手だから・・』というあなた。最近ではgoogle大先生に聞けば概ねの答えは見つかりますよ!

私も数年前から全くの初心者でしたが、鍵編みや棒編みなどyoutube動画だけを頼りにはじめて、今では子供達の帽子やマフラー、ベストに至るまで作れるようになりました♪

折角だから家から出て趣味や勉強を・・でも言語が不安・・

都市にもよりますが、日本人がそれなりにいるところだと日本人が先生の教室などがある可能性は高いです。現地の掲示板や、SNSグループに参加して情報収集してみると良いでよう。

例えばオランダだったら・・

日本人のFacebookグループがいくつかあります。Facebook内でのグループ検索で『オランダ』と入れるといくつかヒットするはずです。

この際、英語を使って趣味を現地でひろげたい!

そんなあなたも、ぜひインターネットを大活用して趣味の教室やグループを探してみてください。今までに水彩画をオランダ人の先生のところへ習いに行っていた方や、フラメンコを習っていた方、イキイキと活動されていました。

まとめ

インターネットのあるこの時代での海外生活は工夫次第で言語ができるできないに関わらず楽しめると思います。ぜひ、この記事を参考に楽しく過ごせる方法を見つけてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする