初めてのオランダ留学&移住!家探しはこれを読め!

オランダ在住11年のPoesje(ぷーしぇ)です。

さて、今回は学生さんの家探し編をお送りしようと思います。初めてのオランダ留学、中には初海外・・なんていう方もいるのではないでしょうか。希望と不安の留学生活、まず家を探さないと落ち着きませんよね。

私ももともとは学生としてオランダにやってきていますので学生さんの家探しについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

物件の種類

オランダで学生さんがよく住むのはこの3つです。値段は場所や広さにもよりますし、ピンキリですが目安を書いておきました。

ルームシェア

いわゆる部屋借り、キッチンやバスルームはシェア。相場は350〜500ユーロ/光熱費込み。家によってはシェアのリビングルームを設けていて、シェアハウスの某番組のように仲良く一緒に暮らしている場合もありますが、そうでなく個室で個々が静かに暮らしているパターンのほうが多い気がします。

ルームシェアの良いところは安さでしょう。20代前半までの学生さんのほとんどがルームシェアをしていると思います。

シェアハウスには2つのタイプがあって、大家さんが居て、大家さんと部屋ごとに契約をするパターン。もう一つは、3〜4人のグループが大きな家を借りていてその代表者(そこに住んでいる)との契約です。

スタジオ

いわゆるワンルーム。キッチンは部屋についていて、バスルームも部屋についているか共用の場合もある。相場は550〜650ユーロ/光熱費込と別のところがあるので要注意。

大学院以上や20代後半以降の学生さんには多いかもしれません。アパートメントよりも安く自分だけのスペースが持てるのが良いところ。

アパートメント

リビングとベッドルームが別でもちろんシェアではないLDKタイプ。ワンベッドルームで学生相手にも貸してくれるところで相場は600〜750ユーロです。大学院以上、20代後半以降の学生さんと、ポスグラなどの若い人が借りています。

探し方

ご紹介したルームシェア・スタジオ・アパートメントの中でやはり数が多いのはルームシェアです。スタジオはちらほら・・アパートメントに至っては学生相手に貸しているところはあまり見かけません。

オランダでは学生以外の働いている人が賃貸物件を借りる場合、収入を証明しなければならないため学生向けの物件とそれ以外ははっきりと区別されています。(ですので普通の不動産屋さんへ行っても相手にはしてもらえません)

チェックすべき項目は

  • 住所登録ができるか
  • 家具付きか

特に住所登録は絶対なので必ず聞きましょう。

探し方はいくつかあります。

学校に聞いてみる

留学生を多く持っている大学なら学生課などで情報をもらえるかもしれません。部屋貸しをしている不動産屋さんの情報もある可能性があります。

SNS

特に最近ではFacebookのグループページでルームシェアの情報を扱っているところが多くあります。『Amsterdam rooms』などと調べるといくつか該当するグループページがあるとおもうので事前に参加しておくと良いでしょう。

留学先の学生のグループページもある可能性があります。そこでも情報収集ができるかもしれません。

Kamernet

オランダ大手のルームシェアサイトです。Kamerとは『部屋』という意味です。投稿者への連絡が有料です。投稿者は必ずしも大家さんではありません。これからその家を出る人であったり、シェアメイトの可能性もあります。年齢、性別、(時にはオランダ人オンリーというところも)制限している場合があるので注意です。

借り方と注意点

借りるためには契約をします。契約書はオランダ語です。できればオランダ人の友達などに一緒に見てもらうのがベストですが、デポジットと解約時の取り決めについてです。

デポジットはルームシェアの場合は大抵一月分で、解約時に特に問題がなければ、これも大抵の場合引っ越す1ヶ月前に申し出ておけば最後に戻ってくるお金です。

中にはいじわるな大家さんもいますので、入居時には部屋の中ですでに壊れている・汚れている部分などは写真に収めておきましょう。

家を見つけるまで

初めてのオランダでの家探しとなるとどれだけ時間がかかるかも検討が付きませんよね。大学のあるような都市にはStudent HotelやYouth Hostelといった学生向けの安宿があります。まずはそういったところを利用して家を探すと良いでしょう。

まとめ

知らない土地へ来て初めての家探しは時間的、金銭的プレッシャーが大きいものです。学校の始まる8月後半にはリーズナブルで「良い」物件は少ないのが事実です。初めは予算内でとりあえず最低限の家具付きを選び、後により良いところへ引っ越す、というのがベストでしょう。住んでみないと土地勘などわからない部分もありますから。

1年以上の滞在の場合、学校の年度終わり春頃から卒業生や帰国準備の留学生が次のテナントを探し始めます。そこで新たに良い物件を見つけてどんどんグレードアップさせる、という方法をとる人が多いので春になったら友人やSNS上でしっかり空き情報をゲットすると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする