オランダ転勤・生活が決まったら・・

こんにちは、オランダ在住11年のPoesje(ぷーしぇ)です。

今回はオランダの基本情報、転勤や留学などが決まった際にとりあえず知っておきたい、気候・時差・英語って通じるの?・日本食って手に入る?などなど、をまとめてみました。

スポンサーリンク

基本情報

時差・サマータイム

オランダにはサマータイムという時期があります。毎年3月の最終日曜日〜10月の最終日曜日までで、1時間前にずらします。

日本との時差は、

  • サマータイム以外では8時間(GMT+1)ーー日本より8時間遅い
  • サマータイム時は7時間(GMT+2)ーー日本より7時間遅い

気候

ガイドブックなどにも記載があるかと思うので、個人的な体感と服装のポイントを書いてみます。(筆者・東京出身)

  • 暖かい季節は短く、寒い時期が長い。
  • 秋・春というちょうど良い季節が極端に短い。ウルトラライトダウンを着ている時期が長い。
  • 秋冬は曇りが多く、風が強く雨も多い。雪は一冬に数回。雨風をしのげるジャケットは大活躍。
  • 体感温度が低い。防寒具、帽子・手袋・ブーツ・スカーフが大活躍。
  • 夏の暑い日で30度程度だがカラッとしているので過ごしやすい。
  • 真夏日25度以上は一夏に20〜30日程度。夏服の出番は少ない。
  • オランダは寒いイメージのようだが、零下で『寒いな〜』レベル。(寒くて−5度)
  • 東京出身者の筆者としては、東京の冬より少し寒いくらいの感覚。寒さより風と雨との戦い。

言語

オランダ語

都市ではほとんどの場合、英語が通じる。もちろん中には英語が苦手な人もいるが、若い人から老人まで最低限のやりとりは可能だと思って良い。英語を仕事や学校で使っている人も多いので数年の滞在ならオランダ語の習得の必要性は低い。

気になる疑問

ここからはオランダ生活を始めるにあたって気になる疑問をQ&Aで答えていきます。

日本食は手に入る?

アムステルダム・アムステルフェーン・ロッテルダムなどの都市では日本食を扱うスーパーマーケットがあり、調味料や乾物だけでなく冷凍食品なども幅広く取り扱いがあります。最近ではオンラインで購入、自宅まで配送してくれるところもあるので、都市部に住んでいなくても気軽に手に入れることができます。

他には、中国系のスーパーマーケットでほとんどの場合日本食コーナーがあり、寿司用の米、キッコーマンの醤油(1L)、だしの素、海苔、カレールー、などが手に入ります。

オランダ大手のスーパーマーケット、Albert Heijn(アルバートハイン)でも日本食コーナーがあり、小さなキッコーマンの醤油、ごま油などを置いています。(店舗による)

国際電話?日本とのやりとりは?

みなさんほとんどの場合、LINEやSkype、FaceTimeなどインターネットを利用して通話している方が多いと思います。

スマホなどを持っていない方との通話もSkypeの有料サービスで格安に電話をすることが可能です。

家ってどうやって探すの?

転勤の場合、まず会社や前任者に聞いてみましょう。もし自力で探さなければならない場合は、こちらの記事を参考にされてください。

数年間の滞在の場合、家具付き(Furnished)に住まわれる場合がほとんどです。

学生は多くの場合、シェアハウスをしています。いわゆる部屋借りです。まず学校に問い合わせてみるのも手だと思いますが、Facebookには地域別で空き部屋情報を載せているグループが多く存在します。『Amsterdam rooms』などと検索して活用すると良いでしょう。他にはKamernetという部屋貸し専門のサイトもあります。

オランダで出産予定?

多くの日本人がオランダで出産をされています。オランダの出産のシステムについてはこちらの記事に詳しく書きましたので参考にされてください。

学校探しはどうする?

大きな都市では外国人が多いため、オランダの公立小学校でもバイリンガル教育をしているところも多数あります。インターナショナルスクールや日本人学校(アムステルダムとロッテルダム)というチョイスもあります。

アムステルダム日本人学校

ロッテルダム日本人学校

インターナショナルスクールの一覧はこちらの記事で紹介されています。

公立のオランダの学校をご希望の場合、学校探しを手伝ってくれるエージェントもあります。

日本人はいるの?

オランダ国内で一番日本人がいるのはアムステルフェーンです。他、ロッテルダムやデン・ハーグなど都市で多くの日本人が住んでいます。

知らない海外での生活、不安ですよね・・

帯同でいらっしゃるご家族の方は不安も大きいと思います。まず、普段の生活を楽しむためには英語が必須です。スーパーマーケットや郵便局、宅配が自宅に来たときなど、ちょっとした時に英語ができないと不安も大きくなります。英語に自信の無い方はこれを機に英会話を習ってみるのも良いと思います。現地でも英会話教室はあります。

天候の部分で書いた通り、天気の悪い時期が長いので自宅でできる趣味や現地で習い事をしてみる、などなにか楽しみを持っていたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする