現地在住者が教えるオランダ旅行のコツ7選

オランダ在住11年のPoesje(ぷーしぇ)です。
今回は、オランダ旅行に行くなら知っておきたい小さいけど重要なコツをお教えします!
 
スポンサーリンク

トイレは有料!必ず小銭を!

当たり前にきれいな公衆トイレやお店やレストランのトイレを使っている私たち日本人にとっては驚くかもしれませんが、オランダに限らずヨーロッパでは公衆便所をはじめデパートやレストランでも有料のトイレがほとんどです。
値段は20〜50セントで、コインを入れることで開く自動改札のようなシステムのところ、トイレの入り口に清掃員がいてお金を置いていくところ、係員はいないがトイレの入り口にお皿など小銭を置いて行くところがあったりとシステムは様々です。
お釣りをもらえるところもありますが、レジを備え付けているわけではないので必ず小銭を持ち歩くようにしましょう。

街中でトイレの探し方

またトイレの話になってしまいますが、外出時間が長くなる観光では重要ですよね。
路面店ばかりのショッピングストリートなどではなかなか公衆トイレを見つけることができません。まず、近くにデパートや百貨店がないか探してみてください。デパートや百貨店には必ずトイレがあります。(有料)
日本の感覚だと、駅に行ったらトイレがある、と思われるかもしれませんが、オランダでは駅の大きさによります。小さな駅だとあったとしても外でコインを入れて開けるタイプで清掃が行き届いていないことがほとんどです。アムステルダム中央駅など大きな駅にはきれいなトイレがあるはずです。
あと、これは裏技ですが、ホテルも良いトイレスポットです。

エコバックを必ず持参しよう

オランダでは2016年1月1日、レジ袋が全面有料化されました。これはスーパーマーケットに限らず、屋外マーケットや洋品店などすべてのお店で適応されています。
有料で売られているレジ袋は複数回理由可能なデザインも良く大容量のものもありますが、単なるコンビニのレジ袋のようなものまで有料です。
現金が使えないところが多い?!
近年オランダでは現金を受け付けてくれないお店やレストランが増えてきています。これはオランダのバンクカードが手数料なしにダイレクトデビットとして手軽に使えるためです。このため、多くのお店で人件費節約や人為的ミスを減らすために現金を受け付けないようになってきたのです。中には屋外マーケットでも現金を受け付けない時もあります。
あと、電車など公共交通機関の券売機等もキャッシュが使えない場合があります。使えたとしてもお札は入らなかったりします。
ですので、クレジットカードは必ず持参しましょう。こちらではサインでの個人確認ではなく暗証番号を聞かれます。渡蘭の際にはご確認ください。

レストランやカフェで水を頼むときには

レストランやカフェでお水を貰いたいとき、ただ『water please』と言ってしまうと有料のミネラルウォーターが出てきます。あとこちらでは炭酸水も普通のミネラルウォーターと言う認識ですので『with gas』なのか『wothout gas』なのかも伝えた方が良いでしょう。
もしただの水道水が欲しい場合には『tap water please』と伝えましょう。(オランダでは水道水を安全に飲むことができます)

無料wifiはたくさんあるの?

スマホを持っての旅行、便利ですよね。海外通信サービスを利用される方もいるかもしれませんが、できるなら無料wifiを使いたい!
都市部の今風のカフェでは無料wifiが使えるところが多くあります。カフェで一息する時に、まずお店の方に『do you have free wifi?』と訪ねてカフェを決めてみるのも良いでしょう。
無料wifiをまとめて、アプリを起動するだけで自動で繋いでくれるものもあるので利用してみると良いかもしません。
やっぱりgoogle maps! オフラインで賢く使おう
旅行と言えば地図、ポケットに入れておいたのに無くなったり、雨でぐしゃぐしゃになったり、歩きながら広げるのも・・。やっぱりそんなときにはgoogle maps!通信サービスを使わずにオフラインで利用する方法で海外でも賢く使いましょう♪
詳しいオフラインでの使い方はこちらをどうぞ。

まとめ

楽しいオランダの旅となりますように!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする