Phil and teds ダブルベビーカーレビュー

こんにちは(もうすぐ)3歳と1歳のシングルマザーPoesje(ぷーしぇ)です

今回は我が家が毎日愛用しているPhil and Tedsのダブルベビーカーの感想を書いて見たいと思います。2歳差の子供達と約1年使ってみた感想と、良いところ・残念なところをまとめました。購入を検討されている方の参考になれば幸いです

そもそもダブルベビーカーが必要かどうか悩まれている方はこちらの記事を参考にされてください。

スポンサーリンク

使用モデルとその他アクセサリ

  • Navigator v2
  • maxicosiカーシート
  • maxicosi用アダプタ

特徴

  • 従来のベビーカーのようなフットブレーキではなくハンドル部分にブレーキがありますこれは下に子供が座っている時フットブレーキだと咄嗟のときにブレーキをしにくいためハンドル部分にあります
  • セカンドシートの背もたれも二段階調節可能
  • 乗せ方が自由自在

我が家での使用時期と方法

下の子が生まれる数ヶ月前からまずは上の子がシングルで使い始め下の子が生まれてから新生児期からダブルベビーカーとして使い始め現在(3歳と1歳)そして引き続き使う予定

新生児&2歳—新生児は別売りのcocoonというコットを利用してメインシートを完全に倒して入れ2歳児はセカンドシートを上側に付けて座らせる

4ヶ月&2歳4ヶ月—ベビーカーシートのmaxicosiをPhil and teds専用アダプタを使用して装着、下にセカンドシートで2歳4ヶ月児を座らせる

6か月&2歳半—メインシートに5か月児を座らせ2歳半児はセカンドシートを下に付けて座らせる

メリット・デメリット

良いところ

  • コンパクト—ダブルとは言え海外ブランドのシングルベビーカーのサイズと同じなのでエレベーターやお店なども問題なく利用できる
  • 押し心地が軽い—空気を入れるタイヤなので2人乗っていても片手で簡単に押せる小回りも利くので電車の中での方向転換などが楽
  • 座り方のコンビネーションが自由自在

  • 新生児用コットのcocoonが使える—cocoonに入れたままの出し入れが可能なのでので出先で寝ている時はそのまま出して側に置くことができるクッション性のある素材なので冬生まれの子には暖かい。(暑い日本の夏生まれだったら逆かもしれません)
  • 折りたたみが楽—セカンドシートが付いたまま折りたたみが可能。

残念なところ

  • 新生児用コットのcocoonが小さい—赤ちゃんの身長によっては3ヶ月から長さが足りなくなることもあるらしい。我が家は3ヶ月過ぎまで使えました
  • cocoonとメインシートの間の時期が微妙—前述の通り、我が家ではmaxicosiのカーシートをアダプタで使用しました。というのもcocoon卒業後から腰が座る6ヶ月くらいまで、メインシートに座らせるのはまだ安定しません。リクライニングさせて寝かせる感じで座らせるのは可能ですが、まだ脚も曲がりがちなので不安定です。
  • 下のセカンドシートの乗り降りが難しい—我が家は上の子を下に座らせていますが、一人で乗り降りは難しいです。足から乗り込むのが2歳児には難しいのと、片側に重さがかかった時に倒れたことはありませんが、不安定です。
  • セカンドシートの背もたれが低い—二歳半あたりからセカンドシートから頭がはみ出るようになり、起きている時は問題ないのですが寝ている時は少し窮屈そうです。
  • 折りたたんでもかさばる—ママ一人で車のトランクに載せたりというのは簡単ではありません。
  • メインシートのリクライニング調節が難しい—背もたれの後ろ側のサイドリリースバックルと、サイドのジッパーでの調節。1. 直角に近い状態 2. 少しリクライニング 3.寝る時のリクライニング 4. フルフラット、の4段階。3と4の間の調節がほぼ無理。バックルが外れていてジッパーになるので、背もたれにかかる重さでどんどん倒れてしまう上、ジッパーの開き方も左右差が出てしまう。フルフラットはcocoonを入れる時に利用できるが、そのまま横になるにはフラット過ぎて使えない。
  • ダブル利用時は荷物が入らない—これは仕方の無いことだが、セカンドシートを下につけている時はやはり足元の荷物入れのスペースは取られる。平らなものならセカンドシートの下に収納可能。

感想

残念な点が多いように見えますが、買って大正解でした。上の子がまだお昼寝をするため出先でのお昼寝場所として、歩くけれどぐずったり特に急いでいる時などに乗せてしまえるので重宝しています。

やはりダブルベビーカーなので本体が重く、二人乗せて電車やバスなどの乗り降りなど持ち上げることは無理なので持ち上げる時、上の子は下ろした状態で行っています。

上の子が下に座ることを嫌がるかな、と思いましたがうちの場合そういうことは一度もありませんでした。

新生児用cocoonを使用時、上の子の下にぶら下がるような形なので使う前は少し心配でしたが、押していると顔がよく見えるので意外によかったです。ただ、ぱっと見、そんなところに新生児がいそうに無いので混雑しているところなどでは注意が必要。シングルベビーカーとしてcocoon使用すると不思議ないでたちに。一見、誰も乗っていないベビーカーを押しているように見えます。

ハンドブレーキタイプは、荷物をぶら下げるためのフック(我が家は100均のを使用)の付けどころに迷いますが、工夫をすれば付けられます。

街で見かける別ブランドのダブルベビーカーと比べて、やはりコンパクトさはピカイチでしょう。

年齢差が三歳差以上で、遠出をあまりしないならbuggyboardもありだありだと思います。

まとめ

いかがでしたか?2歳差育児だったら重宝するであろうPhil and tedsのダブルベビーカー。Navigator以外のモデルも3輪タイプはサイズ感やリクライニング段階の違い、ブレーキぐらいの違いなのでこのレビューを参考にしても大丈夫だと思います。ただ、4輪のタイプでタイヤに空気を入れないタイプのものは押し心地が変わると思うので注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする