10年続いた酷い手荒れ・手湿疹を撃退してくれたアレを紹介!

こんにちは、乳幼児ふたり育児中のシングルマザーPoesje(ぷーしぇ)です。

冬の必需品といえば、ハンドクリーム。酷い手荒れに悩まされていなくとも冬にはハンドクリームが欠かせませんよね。中には、私のようにひどい手荒れ・手湿疹で悩まされている方もいるのではないでしょうか?

約10年間、毎日ひび割れ、悩まされていたひどい手荒れ・手湿疹。皮膚科にかかったこともあったけど、いろいろ試してとうとう克服!ヒビ割れの日々とはおさらばしました♪効果のあったあれこれを紹介します!

スポンサーリンク

私の手荒れ歴

25歳くらいの、ある冬のある日、右手の中指の腹の部分がぱっくりと割れました。結構深く割れていて痛かったものの、それだけだったのでまさか、そこから10年もの間悩まされるとは思いもしていませんでした・・。

その冬は同じ中指の腹だけ、治っては割れ、を繰り返し、春・夏を迎えました。季節が暖かくなった頃からひび割れなくなり、やっぱり乾燥なのか・・でも片手、しかも中指だけなんて不思議だな・・くらいでした。

そして次の冬、今度は同じ右手の中指の外側、第一関節のあたりが割れるように。なんども割れました(涙)母に言われてハンドクリームを厚くつけてラップを巻いて寝てみたり、してみたものの、何度でも割れる・・。。そして同じく夏を迎えると、嘘だったかのように普通に。

が、その後、毎冬症状は悪化していきました。具体的には、範囲が広がっていったのです。初めは中指だけだったのが薬指、小指、指の先だけだったのが根元の方へ・・。ずっと右手だけ。右手の中指・薬指・小指の三本の皮膚だけまったく違い、アトピーのようになっていました。そして初めは冬だけだったのが、真夏の暑い季節以外はずっと症状に悩まされていました。毎晩、ひび割れの薬と絆創膏を貼り、多い時には右手だけで10枚も絆創膏を貼る日々・・。

一番酷かったときには、ひび割れだけでなく痒みも伴い、指が曲げられないほど元の太さの1.5倍くらいパンパンに腫れてしまったことも。右手の指紋はなくなりました。

オススメグッズ

そんな酷い手荒れ・手湿疹に悩まされていた私が試して効果を感じたオススメできるグッズを紹介します!

ハンドクリーム『ザーネクリーム』

ハンドクリームというと無数に世に出回っていますが、良し悪しはピンキリです!特に効き目を感じたのはエーザイのザーネクリーム。少しべたつきがあるので日中使うのには適していませんが、夜、ひび割れた箇所に埋め込むようにザーネクリームをつけて絆創膏をして寝ると次の日にはあら不思議!ひび割れが改善しています!

ひび割れにはヒビケアより効いた『ベルクリーンS軟膏』

街の薬局でオススメされたのがこのベルクリーンs軟膏。ヒビケアも使いましたが、こちらのほうがぱっくり割れには効きました!割れているところを埋めるようにベットリをつけて絆創膏などで覆い、

睡眠時のシルク手袋

ハンドクリームのおまけで手袋がついていることがありますよね。ハンドクリームをして手袋をして寝ることで保湿への高い効果があります。なかでもシルクの手袋がおすすめです。

なんちゃってでも大丈夫!『冷えとり』のすすめ!

冷えとりというと靴下を常時3枚以上履かなくちゃいけない・・などなど何だか難しく感じますが、適当な冷えとりでも十分です。すぐに効果を得られるわけではありませんが、特に私のような単なる乾燥だけでないアトピーのような症状の場合、血行の悪さも大きな要因なのではないかと思われます。

ここ5年ほど、適当な冷えとりを実行してきましたが、下半身の冷えが減ったこと、むくみが減ったこと、など効果を感じています。まずはシルクの5本指ソックスを普段のソックスの下に履いてみることから始めてみてはいかがでしょうか?

これは驚きの効果です!ニュースキンのハンドローション

一言ことわっておきますが、筆者はこの会社と全く関係がありません!人からもらって、試したところ、、あら不思議、その場しのぎの保湿だけでなく、ひび割れない皮膚になっていったのです!!べたつかず、スッとなじむので使用感も良いです。ドラッグストアに売っているようなハンドクリームとはお値段が違いますが、私と同じように手湿疹に悩まされている方、騙されたと思って一度お試しください。

まとめ

いかがでしたか?何が結局効いたのかはわかりませんが、個人的な見解としては冷えを解消したことと、ハンドローションのおかげかなと思っています。今年ももう寒い季節が始まりましたし、私は乳幼児のお風呂で毎晩手がシワシワになるほどお湯を素手で触っていますが、未だ一度もひび割れていません!10年間の苦悩が嘘だったかのように快適な日々を送っています。ぜひ、参考にされてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする