魅惑のAliExpressでお買い物・・失敗体験も!!汗

こんにちは、オランダ在住11年のPoesje(ぷーしぇ)です。

このブログの読者さまの中には海外在住者の方も多いのですが、国は違えど海外在住で困るのは日本と比べていろいろな物が手に入らないところではないでしょうか?

例えば、日本だったら100円ショップで手に入りそうな・・ドンキホーテで手に入りそうな、アレやコレが・・・無ーーーーい!!!もしくは、高ーーーーーーい!!

なんてことありませんか??

私はオランダや隣国ドイツ・ベルギー・少し飛んでイギリスあたりからオンラインで買い物をすることがあるのですが、それでもどうしても手に入らない物が結構あります。そんなときに、調べているとヒットするのがこのAli Express

http://www.aliexpress.com/

このAli Expressについて今日はご紹介、そして実際の利用体験(失敗体験)も書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

Ali Expressってなんなの?

Ali Expressとは中国のオンラインショッピングサイト。あのアリババが運営をしている、日本で言うところの楽天市場、、といった感じでしょうか。

Ali Expressの良いところをまとめてみる

とにかく安い!

オランダ基準からしたらもちろんですが、日本とも比べても驚きの安さです。もちろん物によりますが、私がよく注文するのがDIY関連パーツ。DIY大国のオランダですが、こんなにDIYがポピュラーなのになんでこんないちいち高いの?!とDIY初心者の私でも思う値段です。それがAli Expressだと希望の値段、いや、それ以下で売られているので一瞬安すぎて疑うほど。

服から家電から・・なんでも揃う!

私が今まで利用したのはDIY関連ばかりなのですが、痒い所に手が届く商品、100円ショップ的アイディアの商品が豊富なのが嬉しいところです。服などの購入はいまのところありませんが、いつか生地などを・・と企んではいます。

(ほとんど)送料が無料!

これが驚くべき点です。中国からはるばるやってくるはずなのになぜか(ほとんど)送料が無料。その分、物によっては配送期間20日などと記されているのですが、一番最近の体験談としては、半分以下の1週間程度で届きました!

英語や日本語、多言語での検索が可能!

オンラインショッピングをしていると、アレって英語でなんて言うんだろう??なんて検索すればいいんだ??ってことありませんか。Ali Expressは日本語や英語、オランダ語でも検索が可能なので商品が見つけやすいのです。

通貨も多国通貨単位で表示してくれる!

イギリスのサイトなどでのショッピングだといちいちユーロに換算するのがいつもめんどうなのですが、Ali Expressでは通貨を設定すれば希望の通貨単位で全て表示されます。

レビュー・購入状況・購入数が見られる

レビューも国別に表示ができるので、同じ国の人がその商品に対してどういう印象を持ったのかを知ることができます。Ali Expressに多いのがロシア人。でも、価値観が違うかもしれない、という点で少し不安になるのですが、運が良ければオランダからのユーザーレビューもあったりするので商品の感じがわかりやすいのも安心です。

検索結果の並び替えで面白いのが購入数順にできること。楽天市場のようにたくさんのショップが出店しているサイトなので、同じ商品でも値段が違ったりカラーバリエーションが違ったりするため、より多く購入されているところを見ると不安が少ないのも利点です。

気になる体験談・・関税は?!

私は今まで5回程度利用経験がありますが、一度も商品が不良品、もしくは希望とは違った、ということはありませんでした。まあ、ファッション関連の物だとデザイン性など期待とは違った、ということもあるかもしれませんが、私の場合前述の通りDIY関連や家電アクセサリーだったのでそういうことは全くなく、全て購入した物は希望の物でした。

参考にならず申し訳ないのですが、今まで購入した物全て22ユーロ以下だったため、関税にひっかかった・・ということはありませんでした。が、基本的にオランダでは22ユーロ以上のインポートには関税がかかります。

こちらのサイトに詳しく書かれています↓

ですので、一度の購入は22ユーロ以下、もしくは同じショップで何点か購入するなら分けて購入すると良いでしょう。

関税にひっかかってしまうのか?!結果は追って・・

実はこの関税についてすっかり忘れていた私は、ついこの間60ユーロ弱の買い物をしてしまったのです・・・汗!!品物はオーダーメイドのカーテン。驚きのスピードで発送の通知があったので、もう手遅れなのですが、オランダで作っていたらどんなに安くとも300ユーロはかかっていたので、たとえ関税で100ユーロを取られても半額・・と思い、開き直って今は商品を待っている状態です。気になる結果については商品のレビューとともにまた追って記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする